ステロイドは怖い薬?アトピーをコントロールするステロイド外用薬の使い方【副作用】


アトピー治療では超メジャーな治療薬であるステロイド。

ステロイドについては、ネットを見るとあーだこーだ言われています。

中にはステロイド外用薬に対する不安や抵抗から、「脱ステ」といったステロイドに頼らない治療をする方も・・・。

なぜステロイド外用薬はこんなに賛否があるのでしょうか。

今回は、

 

・ステロイドって強い薬のイメージ・・・
・副作用もあるから怖い・・・
・ステロイドを使っても症状が改善しない

というような方に向けて記事を書きました。

ステロイド外用薬は、正しく使わないと効果を発揮しません。

現在、私自身もアトピー治療でステロイド外用薬を使っており、過去にはステロイドの副作用も味わいました。

その経験から、私のようにステロイドの副作用で苦しむ人をひとりでも減らしたいので、この記事を書いています。

この記事を読むことで、ステロイドの知識や使い方をアトピー治療に役立てることができますよ。

目次

【結論】塗り方がわからないなら使わない

ステロイドは効果がある反面、副作用も強めです。
使い方を理解していないのであれば、今すぐ使用をやめてください。

ステロイド外用薬の使い方はシンプルです。

【だらだら塗らない、休薬期間をつくる】

これを意識するだけ。

 

え、ただ塗るだけじゃダメなの?

と思った方。

その薬をもらった病院が、塗り方を説明していないのであれば、今すぐ病院を変えましょう。

ろくに説明もせずステロイドを処方する医者はヤブです。

なぜ怖いイメージを持たれているのか


これはわかりやすいですね。副作用があるから

とはいえ、どんな薬でも「用法・用量」を守らなければ副作用が出てしまいます。

怖いイメージを持たれているのは、マスコミなどでステロイドが取り上げられたのもひとつの要因。

あとは衝撃的ですが、

【薬を塗っているのに、症状が改善しなくなっていくから】


えーっ!?て感じですよね。

でもこれが副作用です。
治そうと思って薬を使っているのに、一向に改善しないという恐怖。

ただ改善しなくなるっていうのは、薬の使い方が良くないだけなんですよね。

正しく使えばステロイドは効果を発揮してくれます。

アトピー患者の方は、ステロイド外用薬の正しい塗り方をできていない人が多い印象。

ただこれには理由があって、

処方するときに、塗り方やリスクをしっかり説明しないお医者さんが多い!

もちろんしっかり説明をしてくれるお医者さんもいるのであしからず。

みかん

私は引っ越しなどで、いくつかの皮膚科を渡り歩いてきたけど、使い方やリスクをあまり説明されなかったのよね。

結果的にだらだら塗る期間が3年くらい続いたせいで、かなりしんどい副作用に悩まされてしまった。

再三言いますが、ステロイドは副作用のある薬です。
なのに2、3分くらいの軽い診察で、大した説明もされずに処方される。

患者側は、強い副作用のある薬だと思わず使うので、気づかないうちに身体が副作用を起こしやすい状態になっていきます。怖いね。

ステロイド外用薬の副作用とは?

副作用は以下の通り。

・皮膚の委縮
・酒さ様皮膚炎(皮膚に赤みが出る)
・毛細血管の拡張(特に顔に出やすい)
・感染症の誘発
・乾皮症(肌の乾燥)

全身性副作用というものも存在しますが、用法・用量度外視で長期連用しなければ症状が出ることはまれなので、ここでは割愛させていただきます。

私はこの副作用の説明もろくにされなかったので、悲惨な目に遭いました。

副作用を起こす塗り方

冒頭で伝えた事とは逆に、

【だらだらと長期連用し続けること】


これが副作用まっしぐらの塗り方です。

ステロイドを怖がってチビチビ少量を塗り続ける方がいますが、今すぐやめましょう。

ステロイドは一気に塗って、症状が治まったら休薬期間を設けること重要です。

休薬期間の重要性

ステロイドは「皮膚を委縮させる」という副作用が伴います。
ステロイドをやめれば、皮膚委縮から回復していきます。

つまり休薬期間は、皮膚を【委縮から回復させる】ために必要なのです。

私は用法を理解せず長期連用し続けたことで、副作用を起こしました。

副作用【実体験】

実際に起こった副作用「皮膚の委縮」「毛細血管の拡張」です。

[voice icon=”https://orangeplusme.com/wp-content/uploads/2020/02/写真-2015-07-23-21-05-30.jpg” name=”みーる” type=”l”]私の場合、使い方もよくわからず、だらだらと長期間使い続けたことで皮膚が委縮。
その結果、ステロイド外用薬を塗っても症状が改善しないという最悪の状況に。
また毛細血管の拡張も起こしているため、年中顔が赤い状態が続きました。[/voice]



アトピーの人は皮膚のバリア機能が弱くてアトピーになっています。
皮膚バリアが弱い状況で、皮膚委縮の副作用が加わるとやばい。


炎症を鎮めるためにステロイドを使用しているはずが、逆に皮膚のバリア機能を低下させて炎症が起きやすくなるという状態になれば、そりゃ誰だって怖いですよね。


正しい知識と使い方を覚えよう


アトピーはお医者さんに頼るのも大事ですが、自分自身で理解することも大事だと私は考えています。

なぜならアトピーにはまだ完治させる薬が存在しないから。(今後出てくれるとうれしい)

アトピーは、「いかに症状を悪化させないようにするか」というのがとても重要です。

まずはステロイドに関する知識を身に付けましょう。

ステロイドの強さは5段階ある

顔に使われるランクは、【Strong(強い)】【medium(普通)】くらい。

身体にはもっと強いランクの薬が使われることが多いです。


ただ症状によって個人差があります。また子どもや大人でも処方される強さは異なります。

部位によって薬の吸収率は違う


ステロイドの強さが5段階あるのは、身体の部位によって薬の吸収率が異なるからです。

以下の図をご覧ください。

身体の部位によって皮膚の厚さが異なるため、吸収率が変わってきます。

例えば、頬は前腕(内側)の13倍、陰部にいたってはなんと42倍も吸収率が違います。

つまり吸収率の高い部位は、弱いランクでも薬の効果を発揮しやすいということですね。


(逆に顔や陰部など、皮膚の薄い部位に強い薬を使うと、副作用も出やすくなるので用法・用量は必ず守りましょう


絶対守りたい用法・用量


まず薬を塗るのは、清潔な状態が望ましいので、入浴後がおすすめです。

その上で、以下のイラストの用量で塗りましょう。

イラスト出典:ノバルティスファーマより

[aside type=”normal”]1FTUとは
チューブを人差し指の先端から、第一関節までを絞り出した量(約0.5g)。
両方の手のひらに塗る量に相当するという塗り方。[/aside]


実際にこの量を塗ると、「べたべたするし多くない?」と思うかもしれませんが、この量でないと薬は効果を発揮しません。

そしてなにより重要なのが、たくさん塗って炎症が鎮まったら休薬することです。

炎症が鎮まったあと、3~4日ほど休薬期間ができたら理想的です。



とはいっても悪化している人がここまでやるのって結構難しいですよね。

いきなり減量するとしんどいです。実際私も大変だったので。

ただ悪化してる中でも、「あれ今日ちょっと調子いいな」みたいな日があります。
その調子良さげな日から少しずつ休薬していきましょう。


休薬している間は保湿剤で皮膚の保護を忘れずに!


アトピーは自分でコントロールできる


ステロイド外用薬は副作用を伴いますが、正しく使えば効果を発揮してくれる薬です。

知識があればアトピーの症状をコントロールすることもできます。


今までステロイドを使ってもアトピーが一向に改善しないと感じている方は、本記事の内容を実践してみてください。

[aside type=”warning”]アトピーは病気です。悪化すると日常生活に支障をきたすほど重症化することもありますので、必ず医者の指導のもと治療を行ってください。[/aside]


本記事の内容が少しでもお役に立てたら幸いです。

それでは。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

しがないサラリーマンブロガー
雑記で自分の経験や知識をざっくばらんに書いてます
最近は主に、音楽・ガジェット・ブログに関してなど

コメント

コメントする

目次
閉じる