これはすごい!次亜塩素酸水でアトピーのかゆみを抑える方法【アトピーの汗対策】

 

次亜塩素酸水ってどういうもの?
アトピーに効果あるの?

このような疑問を解決できる記事にしました。

昨今の世の中では新型コロナウイルスの脅威から、殺菌・消毒剤が店頭から消えるくらい売れています。

これをきっかけに【次亜塩素酸水】の名前を知った方も多いのではないでしょうか。

私も、3年以上前から次亜塩素酸水にはお世話になってます。

上は関係ない商品なので消してます。


といっても、当時から私は「物に対する除菌」ではなく「自分自身の除菌」として次亜塩素酸水を活用していました。

実は次亜塩素酸水ってアトピー肌にも効果があるんですよね。

本記事では【次亜塩素酸水とは?】から【アトピーに対する効能】について、私の経験も踏まえて解説します。

目次

次亜塩素酸水とは

次亜塩素酸水とは、食品衛生法で生成方法が指導されている食品添加物で、「食塩や塩酸を水に溶かして電気分解したもの」と定義されるものを言います。

ざっくりどんなものかと言うと殺菌力抜群なのにすぐ水に戻る、安全性がとても高い殺菌スプレーです。

次亜塩素酸ナトリウムと間違えないで


これかなり気を付けてほしいんですが、似たような名前の次亜塩素酸ナトリウムは全く違う成分です。

次亜塩素酸ナトリウムは、酸性タイプの製品に混ぜると有害ガスが発生するのでめちゃくちゃ危険。目に入ると失明するおそれもある。

・次亜塩素酸水 = 主に除菌成分

・次亜塩素酸ナトリウム = 主に漂白成分


すごくわかりやすく言うと、次亜塩素酸ナトリウムは「ハイター」などの商品名で売られている薬剤です。汚れた洗濯物などに使いましょう。

本来の用途

では次亜塩素酸水は、どのような用途で活躍するのでしょうか?

主な2つを紹介します。

殺菌

次亜塩素酸水はドアノブからテーブル、荷物までありとあらゆる物を殺菌することが可能。

同じく殺菌消毒する意味で、一般的にアルコールなども普及しています。

しかし、アルコール性の殺菌剤では死滅しないウイルスも存在します。(有名なやつだとノロウイルス等)

次亜塩素酸水はそのようなウイルスに対しても効果的。

現在猛威を振るうコロナウイルスについては調査途中ですが、複数の公的機関が効果を認めています。

消臭

消臭力もすごいです。

汗をかいたときや生乾き臭のする衣服に吹きかけると、一瞬で臭いが消えていく。

これもメカニズムは上記の殺菌効果ですが、臭いの元となる菌を殺菌することで臭いが消えていきます。


次亜塩素酸水ってアトピーに効くの?

では、アトピーに対してはどのような効果があるの?って話ですが、汗をかいたときに襲ってくる猛烈な痒みに対して抜群に効果を発揮します。

次亜塩素酸水はアトピー自体に効果はない

次亜塩素酸水は、肌に雑菌が増殖してる場合に効果を発揮するものです。
アトピー自体の改善目的で使用しても効果はありません。

感染症対策に効果がある

アトピーの人って、元々肌のバリアが弱い。

だからアトピーの人が汗をかくと、黄色ブドウ球菌やカビが増殖しやすいんですよね。

汗をかいたり、汗を放置したりするとかゆくなるのは、肌に雑菌が増えていることが原因。

なので汗をかいたときにすぐ吹きかけると、皮膚が殺菌されかゆみが治まるというわけ。

 

これは私の経験談ですが、吹きかけてもかゆみが治まらないことがあります。
そういうときはだいたい炎症を起こしてたりするので、薬を塗るなど別の対処法を考えましょう。

次亜塩素酸水の取扱い方法

ここから、使う際に覚えておいて欲しいことを3つ紹介します。

使い方【直接振りかけないと水になる】

かなり重要なポイントですが、次亜塩素酸水は物に対して直接吹きかけないと全く効果を発揮しません。

というのも次亜塩素酸水は有機物に触れると、一瞬で水に戻るという性質があります。

なのでアトピーの人は、コットンなどに当てず、直接肌に吹きかけるようにしましょう。

 

時々シートやティッシュに当ててからテーブルを拭いている場面を見かけますが、あれはただ水拭きしてるだけになるので、もはや無意味です。

使用期限に注意【期限を過ぎると水になる】

次亜塩素酸水はとてもデリケート。

殺菌スプレーとしてのカテゴリーながら、期限が短い(物にもよりますが、だいたい3か月から半年くらいのものが多い)。

期限を過ぎるとただの水になるので、期限までに使い切ることがおすすめです。

紫外線に注意【水になる】

保管場所にも気を付けましょう。

次亜塩素酸水は紫外線を当てても一瞬で水に戻ります。

なので保管するときは、遮光性容器を使いましょう。

また次亜塩素酸水は、空気に触れにくいほうが長持ちするので、容器は密封タイプをおすすめします。

次亜塩素酸水の選び方

 

次亜塩素酸水はどこをみて選べばいいの?

という方のために、選ぶときに見てほしいポイントをご紹介します。

押さえておきたいポイントは3つ

成分

中には純粋な次亜塩素酸水ではない商品が売られています。

【水・次亜塩素酸ナトリウム・塩分】以外の成分が入っている場合、効果がかなり薄まるので確認しておきましょう。

ppm

これは次亜塩素酸水の濃度を示しています。

アトピーの人が直接肌に使うことを考えると、50ppmくらいの濃度が安全です。

さまざまな商品の中には、500ppmを10分の1に希釈して50ppmにするというやり方もありますが、濃度を間違えると皮膚に刺激を与えてしまう可能性があります。

人体に使用する場合は、始めから50ppmくらいの濃度で販売されているものをおすすめします。

容器

次亜塩素酸水を入れる容器は、遮光・密封タイプのものがおすすめです。


ちなみに金属製の容器だと、塩素による腐食の可能性があるので避けましょう。

私が外に持ち歩くときに使ってる容器です。


私が使っている次亜塩素酸水

いろいろ成分とか見るのめんどくさいという人向けに、私が使っているものを紹介します。



こちらの商品は最初から50ppmで販売されており、すぐ使用できるので超便利。

しかも使用期限が1年と長い(開封後は短くなりますが)。

私が身をもって安全といえる商品なので、いろいろ探すのめんどくせ~!って人は、ぜひ使ってみてください。

ただこのCELA水、ボトルがちょっと大きいので持ち歩きには不便かも。

先ほど紹介したミニボトルに詰め替えると、外にも持ち歩くことができますよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

しがないサラリーマンブロガー
雑記で自分の経験や知識をざっくばらんに書いてます
最近は主に、音楽・ガジェット・ブログに関してなど

目次
閉じる