口内炎を早く治したいときの対処法【生理食塩水+口内炎薬】



口内炎の痛みってすごいですよね。
食事だけに関わらず、生活してるとずっと痛みが邪魔をしてきます。

今回は、患部の表面が白くなる「アフタ性口内炎」ができてしまった場合に、

 

・口内炎を早く治す方法はないの?
・痛みだけでも抑えたい


このような悩みを解決できる、かもしれない記事にしました。

あくまで治し方の一例の記事なので、参考程度でご覧ください。



体質も関係しているのか、私はよく口内炎ができます。

そんな私がいろいろ試した中で、1番効果のあった方法を本記事でご紹介します。


目次

早く治す方法は?

結論から言うと、科学的根拠のある口内炎を早く治す方法はありません

 

じゃあ結局、痛みに耐えながら治るのを待てってこと?

みかん

早く治す方法はありませんが、痛みを和らげる方法はあります。



私のおすすめする口内炎対策は以下の通りです。

生理食塩水でうがいをして、ステロイド系軟膏で治す


みかん

ステロイド系で難色を示す方もいらっしゃるかもしれませんが、短期決戦で治すなら絶対におすすめです。


詳しく解説していきます。


口内炎ができたらまずやること


口内炎ができたら、口の中を清潔に保ちましょう。

具体的な方法としては、歯を磨くのが良いです。
毎食後、丁寧に磨けば十分です。

また、うがいも定期的にしましょう。

その際に、大抵の方は痛みが伴うと思います。

そんなときに効果的なのが「生理食塩水」です。

生理食塩水とは?

生理食塩水(せいりしょくえんすい)は、体液とほぼ等張の塩化ナトリウムの水溶液(食塩水)。 日本薬局方・処方箋医薬品では塩化ナトリウムを0.9w/v%含有する食塩水を「生理食塩液」と定義している。 これは、人間の体液とほぼ等張となる食塩水の濃度である。

出典: ウィキペディア(Wikipedia)より

つまり、人間の体液(血液)とほぼ同じ濃度の塩分が含まれた食塩水です。
人体の血液と同じ濃度なので、口内炎の刺激にならないです。

生理食塩水は簡単に自分で作ることができます。

生理食塩水の作り方

用意するもの
・滅菌した精製水(一度沸騰させた水でもOK):500ml
・食塩:5g(小さじ1杯)

上記を混ぜると完成です。
500mlのペットボトルなどを準備すると楽に作れます。

使用上の注意
・うがいをするときは衛生面を考慮して、コップになどに移してください。
・作った日のうちに使いきるようにしてください。

口内炎薬の種類と選び方

口内炎用の薬には、

・軟膏タイプ
・シール(パッチ)タイプ
・服用タイプ

などがあります。

人によって好みが分かれるとは思いますが、私が一番効果を実感したのは軟膏タイプです。

全てひと通り試しましたが、

・パッチタイプは剥がれやすい
・服用タイプは痛みに対する即効性が弱い


と感じたので、薬剤の付着や痛みも緩和させる即効性も含めて軟膏タイプをおすすめします。


また口内炎薬の成分はステロイド系と非ステロイド系があります。

ステロイドは怖いというイメージを持っている方もいると思いますが、上手に使うとすごく効果を発揮してくれます。

薬の選び方は、

炎症がひどい場合:ステロイド系の成分入り
口内炎ができたばかりの時や症状の軽い場合:非ステロイド系

を基準にすると良いと思います。

口内炎におすすめの薬


私が使用して最も効果を実感したのは以下の商品です。

商品名オルテクサー 口腔用軟膏
対象年齢 65歳以上の方は医師に要相談
タイプ軟膏タイプ
ステロイド

人気の口内炎薬でも上位にランクインしているのですが、さすがですね。

ステロイド入りの軟膏ですが、塗布するとゲル状に固まり患部に付着してくれます。

私の場合、悪化した状態からこの薬を使用して、2日ほどで痛みが治まりました。

こちらの商品は、妊産婦さんの使用が禁止されていますのでご注意ください。


非ステロイド系だと、以下の商品が人気です。

商品名メディケア デンタルクリーム
対象年齢制限なし
タイプ軟膏タイプ
ステロイド

こちらの薬は局所麻酔成分が入っているので、

「ステロイドは嫌だけど、とにかく痛みを止めたい」

という方におすすめです。

また年齢制限もないのでとても使いやすいです。

まとめ


今回は口内炎を早く治す方法というテーマでご紹介しました。


口内炎は時間が経てば自然と治りますが、痛みが伴うので辛いです。
1日でも早く治したい場合は、薬の力を頼るのもいいと思います。


「薬を使っても治らない」
「かえって症状が悪化した」
「口内炎だと思ってたら実はガンだった」

という場合もありますので、市販薬を使っても治らない場合は医師または薬剤師に相談しましょう。


本記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

それでは。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

しがないサラリーマンブロガー
雑記で自分の経験や知識をざっくばらんに書いてます
最近は主に、音楽・ガジェット・ブログに関してなど

コメント

コメントする

目次
閉じる