アトピーと食事って関係なくない?【基本なにを食べてもOK】

アトピーの人で、

 

特定の食べ物を食べたらなんか身体かゆくなってきた!

みたいな経験ありませんか?

私はないです。

この経験がある人はある意味ラッキーですね。
自分の身体に合わない食べ物を意識的に避けることができます。

では私のような、なに食べても平気だけどアトピーなかなか改善しないよ!
って人はどうしたらいいのよ?

ということで今回の記事を書きました。

先にお伝えします。
本記事の内容を試しても、あなたのアトピーが改善するかはわかりません。

ただアトピーは、自分に合う療法を見つけられれば、症状をコントロールできるようになります。

私は実際に試して、痒みを減らすことができました。

コストも大してかからないので、合わなければやめるだけ。

そんなラフな気持ちで、この記事を読み進めていただければ幸いです。

目次

アトピーに食事は関係ない?

結論、めっちゃ関係ある。

当たり前ですが私たちの身体は、今まで食べてきたもので作られています。

なので、食事変えてもアトピー改善しないじゃん!といって、なんでも好き勝手食べてると火に油を注ぐ状態。

でも安心してください。
わざわざ食事制限をする必要はありません。

食べた後にアレルギー症状や、かゆみが起こるものがある場合は避けなければいけませんが、正直なにを食べても全然OK。

アトピーの人が食事で意識することは、

・栄養バランスが取れているか
・食べてかゆみが起こるかどうか

この2点だけOKです。

アトピーと食事療法

アトピーについて調べていると、必ずといっていいほど出てくる食事療法。

アトピーにおける食事療法は、毎日カップ麺とか揚げ物ばかり食べてるような食生活に偏りのある人が効果の出やすい療法だと考えています。(個人的主観)

なのでズボラながらも、野菜を定期的に摂取してる私のような食生活の人が、ちょこっと食事を変えたくらいでは効果を実感しにくいんですよね。

 

3か月くらいお菓子断食して、野菜と果物中心の生活したけど、たいして変わらなかったなあ…

しかも食事療法っていろんなものがネット上に転がってて、どれが正しいねん!ってなる。

なのでよく言われている代表的なものをまとめてみました。

アトピーに良いとされるもの
  • 玄米
  • オリーブオイル
  • ナッツ
  • 野菜
  • 果物
アトピーに良くないとされるもの
  • 砂糖
  • チョコレート
  • 牛肉
  • 牛乳
  • 白米

これ実際どうなの?ってところですが、正しいです。

ただアトピーに良いというよりは、健康に良い食べ物って感じです。


こちらの本は、「科学的に信頼に値する強いエビデンスがあることにこだわった」食事に関する本ですが、本書で紹介されている内容とも概ね一致してます。

健康に良い食べ物を摂取すれば、そりゃ体質は改善していきますね。

 

じゃあ上記を実践すればアトピー治るじゃんやったー!と言いたいところだけど、食事が原因じゃない場合はこれを実践しても治らないよ。

できるだけ避けたほうがいい成分

なんでも食べていいとはいえ、これは避けておけ!というのがあります。

それは「トランス脂肪酸の含まれている食べ物」

これは結構有名なので、知ってる方も多いかも。

トランス脂肪酸は、取りすぎると確実にアトピーを悪化させます。

しかし残念なことに、この成分が入った加工食品はめちゃくちゃたくさんある。
なので今日から完全に0にしよう!っていうのは無理な話。

じゃあどうすればいいのか?


シンプルに摂取量を減らしましょう。

 

減らせばいいのはわかったんだけど、トランス脂肪酸ってどの食材に入ってるの?

トランス脂肪酸が含まれている加工食品はこちら(一部抜粋)

■油脂類
・マーガリン
・ファットスプレッド
・ショートニング

■食品
・生クリーム
・ショートケーキ
・菓子パイ

■調味料・香辛料
・マヨネーズ
・ドレッシング
・ルウ(カレー、シチュー、ハヤシ)

参照元:食品中の脂質とトランス脂肪酸濃度

昔と比べると、食品に含まれるトランス脂肪酸の量はかなり減っているようです。

なので過度に恐れなくてもいいですが、摂りすぎには気を付けましょう。

 

ちなみに私は毎日どれかを食べているけど、今のところ身体に影響はないよ。重要なのはあくまで摂取量やで。

結局栄養バランスは大事

食事はアトピーの症状に少なからず影響を与えています。

上記で紹介してきた食べ物や療法を実践すると、確かに効果はあるんです。
あるんだけどまず継続がかなり難しいんですよこれが。

仮に実践したとしても、好きなものを食べられないストレスで逆にアトピー悪化する可能性だってある。

もちろん頭ではわかっているんですよ。毎食和食に切り替えたら身体にいいことは。
わかっているけど、頭で理解するのと実践するのでは訳が違う。

毎日10時間のトレーニングを積めばオリンピック選手になれます!

と言われてもほとんどの人はできないはず。

なぜなら人は基本的に楽をしたい生き物だから。

なので食事に関しては、多少のバランスが取れていれば基本それでいいかなと。

私は栄養学の知識は全くないので、そういえば最近全然野菜食べてないな~ってときは、スーパーにある適当なカット野菜を買って食べています。

私もジャンクフード大好きですし、極端な食事療法みたいに全部和食!肉じゃなくて魚にしろ!と言われてもできません。

そもそも作るのが大変です。

じゃあそんな私のようなズボラさんでもできるような、簡単な方法ないかなあと。

結論:腸内環境を整えよう

ありました。とにかく腸を整えましょう。

腸は第二の脳とも言われています。
結局食べたものは腸から吸収されていくので、とりあえずその環境だけでも整えておこうって話。

腸内環境を整えるには、善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌など)を取るのが望ましいとされています。

善玉菌は、

・発酵食品を食べる
・整腸剤を摂取する

この2つの方法で摂取可能です。

発酵食品から摂取する場合は、

【ヨーグルト・チーズ・ぬか漬け・納豆・キムチ・味噌】

これらを意識的に摂取する必要があります。
そして発酵食品の場合、継続して食べないと効果が出にくいという側面がある。

また発酵食品で腸内環境を整える場合、その食品が原因でアレルギーを起こす可能性もあるので、量に気を付けなければいけません。

なので私のおすすめは整腸剤を使って整える方法です。

今は頭のいい人たちが、手軽に効率よく乳酸菌を摂取できるサプリを作ってくれてる。
なのでそれを活かさないのはもったいない。

整腸剤を使えば食品より遥かに効率よく、たくさんの量を摂取することができます。

 

ただ整腸剤といってもたくさん種類があるから、私が実際に試して効果のあった2つを紹介するよ。

まずはこちら。
食品メーカーのフジッコが出している「善玉菌のチカラ」です。

カスピ海ヨーグルトの粘りに含まれている美肌成分、クレモリス菌FC株を40億個以上配合しているそう。(公式HPより)

この商品のメリットは、1日に1粒の摂取でOKなのでめちゃくちゃ楽なところ。

普段ヨーグルトを食べる習慣の無い私としては、この1粒を摂取すればヨーグルトを食べる以上の効能を得られるのでおすすめ。

2つ目はこちら。
蒼井優さんが出演しているCMでおなじみ、「ビオフェルミン」です。

こちらは有名なのでかなり知ってる方も多いでしょう。

正直ダントツでコスパ最強です。
1回3粒を食後に摂取するだけ。

540錠入りなら、毎日摂取しても2か月持ちます。
そして市販でも手に入るお手軽さ。

ついでにお通じもよくなるのでメリットしかありません。

何度も言います。食事バランスに気を付けよう。

トランス脂肪酸やら乳酸菌やらいろいろ書きましたが、結局日頃から食べてるものを気を付けるに越したことはないです。

最近野菜食べてますか?
揚げ物、お菓子、甘いものばかり食べていませんか?

極端なことはしなくていいです。
揚げ物を食べたら、同じ量の野菜も食べましょうね。

そして食後に整腸剤を飲めば効果倍増です。

それでは。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

しがないサラリーマンブロガー
雑記で自分の経験や知識をざっくばらんに書いてます
最近は主に、音楽・ガジェット・ブログに関してなど

コメント

コメントする

目次
閉じる