MENU
カテゴリー
アーカイブ

これでいい。美しく直感的に使える折りたたみ式ハンガー【無印良品】

  • URLをコピーしました!

普段何気なく使っているハンガー。

別にハンガーにオシャレさなんて求めないし、洗濯物が干せるなら別になんでもいい。
そんなハンガーに、少し不便さを感じることがある。

携帯性の悪さだ。

持ち歩くには向いてない形と、荷物として圧倒的に嵩張る。

仕事柄、スーツを着て働く私は、ジャケットを干すためのハンガーが欲しかった。
そこで今回紹介したいのが、無印良品の「アルミ折りたたみ式ハンガー」。

このハンガー、個人的に無印良品の中で5本の指に入るくらいの名作だと思う。ハンガーとして、ど真ん中の機能だけを残した究極に美しいハンガーである。

そんな無印良品の折りたたみハンガーの魅力について、今回は語っていきたい。

目次

洗練されすぎたデザインと機能

このハンガーを語る側面は2つある。デザインと機能性だ。

世の中には、デザインは良いけど使い勝手のイマイチだったり、機能性は良いのにデザインがイマイチな商品がたくさんある。

この折りたたみハンガー最大の魅力は、デザインも機能もシンプルにまとめた上で、ダサくないところだ。

直感的で美しい見た目

本体はアルミ素材でできている。

厚さは8mmで、重さは41g。携帯性も抜群に良い。

広げると、幅は38cmある。

携帯性に特化しているので、ハンガーによくある首が伸びないような形状や、滑り止めの機能はない。ハンガーとしての最低限の機能と、直感的な美しさだけが残っている。

曲線がハンガーの面影を残しつつも、これがハンガーになるとは思えないくらい、シンプルなデザイン。ハンガーなのに高級感すらも漂わせている。

これを取り出してジャケットを干すだけで、なんだか自分がすごくスマートでオシャレな人に見える。
さりげなくオシャレな日用品を使いこなしてる人って、男女問わずかっこいいよね。

誰も思いつきそうで、思いつかなかった構造

構造はいたってシンプル。

収納されたアルミの片側をくるっと回すだけでハンガーになる。すごく簡単でわかりやすい。

このハンガーにトランスフォームする構造を思いついた商品開発者には、畏敬の念を覚える他ない。グッドデザイン賞を毎年あげたい。

ハンガーを外出先で使うなら、さっと取り出して干せればそれでOK。首周りなんてさほど気にしないし、外ならそこまで機能を求めない。

そこを無印良品はうまく突いてきた。
無印良品のコンセプトに「これでいい」という言葉があるけど、外で使うならほんとにこれでいい。ハンガーとして一切のムダがない。

このハンガー、1本590円

ダイソーに行けば、ハンガー3本セットで110円。このハンガーひとつの値段で15本は手に入る。
そもそも100均と比べる話ではないけど、かなり攻めた価格設定である。実際私も、購入に至るまで何度も足踏みした。

それでも結局は購入した。圧倒的なロマンを追い求めて。

ハンガー1本に590円は決して安い金額ではない。それでもこの利便性と所有欲を同時に満たせる折りたたみハンガーは、現時点でコレしか存在しないはず。

ハンガーを持っているだけで、気持ちが躍る体験は初めて。新しいiPhoneを手にしたときの感覚と似ている。それくらいこのハンガーには衝撃を受けた。

普段使っているアイテムを、自分の気に入ったモノで囲んでいくと、気持ちも暮らしも自然と豊かになっていく。

このハンガーも、そんな私の気持ちを高めてくれるアイテムに仲間入りした。
外出先でジャケットを掛けるのに困っている方に、ぜひおすすめしたい。日常にさりげなくオシャレを取り入れてみないか?

\ 商品詳細はこちら /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「ラクしながら暮らしを快適に」をコンセプトに、家のレイアウトを整えながら生活に役立つアイテムを紹介しています。
無印良品とニトリとスリーコインズが好き。

コメント

コメントする

目次
閉じる