MENU
カテゴリー
アーカイブ

7年使っていたベッドを、思い切って手放してみた【意外といける】

一人暮らしを始めたときから使い続けて約7年。
この度、ベッドを手放しました。

今回はベッドを手放すにあたり、

  • 心配だったこと
  • マットレスに向いてる人
  • ベッドを手放して3か月経った感想

について、私の経験を踏まえてご紹介します。

 

ベッドを手放すかどうか迷っている
ベッドの捨て方がわからない

こんな悩みを持っている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

ベッドを手放した経緯

今回ベッドを手放すことになった一番のきっかけは「同棲」です。

私が持っていたベッドは、シングルサイズ。
2人で寝るにはかなり手狭。

一時しのぎで彼女には、私が以前使っていたマットレスを使ってもらっていました。

しかし、寝るときの高さは違うし、ベッドがあると掃除もしにくい。

そんな不便さを感じながら、当時ミニマリストの生活に興味津々だった私は、ベッドを手放すという選択をしました。

ベッドシーツ汚くて恥ずかしい…
みーる

以前はこんな感じで寝ていたよ

ベッドを手放す上で心配だったこと

いざ、ベッドを手放そうと思い立ったものの、

  • どうやって捨てるの?
  • 寝具はどのくらいのサイズにするの?
  • 寝心地はどのくらい変わるの?

と心配事が沸々と湧いてきました。

ベッドの捨て方がわからない

まずは捨てる方法です。
みなさんも一度は困ったことありません?

「処分方法は各自治体にお問い合わせください」

いや難しいのはわかっていながらも、言わせてほしい。

処分方法を、日本全国統一してくれぃ!

まあこんな心の叫びを言っても解決しないので、冷静に処分方法を考えていきます。

調べてみると、

  • 不用品買取業者に依頼する
  • 自治体指定の業者に依頼する
  • 自分で分解して、燃えるゴミとして出す(木製ベッドの場合)

が挙げられました。

私は木製ベッドを使っていたので、3つ目もやろうと思えばできなくはないですが、

みーる

めんどくさい!
少しはお金出すから、誰か処分して!

ということで、自分で分解するのは諦めました。

ちなみに

ベッドなんてリサイクルショップに売ればいいじゃん

と考える方もいらっしゃるかと思いますが、よほどのブランド物でもない限り、中古のベッドに価値はないそうです。ぴえん。

とりあえず不用品業者を探してみますが、いざ探してみるとビックリ。

どこも胡散臭そうにしか見えません。
(良心的な業者さんがあればごめんなさい)

クチコミを調べると、シングルベッドサイズで、フレームやマットレスの処理コミコミで1万円は超えそうな業者さんが多い印象でした。

私が住んでいる町の指定業者にメールで問い合わせたら、即日で具体的な金額まで提示してくれたので、今回は即決で自治体指定業者に依頼しました。

補足:ぼったくりの可能性を激減させる業者の見分け方

余談ですが、ベッドのような大型家具の処分に困ったときは、

「一般廃棄物収集運搬許可」

を取得している業者がおすすめです。

理由としては、市町村からの認可制となっており、取得が非常に難しいから。

ぼったくるようなことをしていると認可は下りないので、信頼性も担保されています。

ちなみに今回の処分費用は

  • ベッドフレーム(木製)
  • マットレス(コイル有り)
  • マットレス(コイル無し)

すべてシングルサイズ

の3つで6,380円。しかも自宅まで引き取りに来てくれました。

寝具のサイズはどうする?

次に、ベッドを捨てた後の寝具について。

ダブルサイズをひとつだけ買うのかいろいろ検討した結果、我が家ではシングルサイズのマットレスを2つ購入しました。

この選択は、個人的に超おすすめ。
それぞれの寝相に干渉しないし、パートナーのいびきや寝言があるなら、別の部屋に移動して寝ることもできます。

みーる

私は一時期、いびきがほんとに酷かったから、この形式にして良かった…

どのくらい寝心地は変わった?

これまで約7年のベッド生活。
突然地べたにマットレスを敷いて寝るのは、睡眠の質的にも不安です。

しかし、結果的には全く問題ありませんでした。

マットレスに移行して、最初の一週間は寝具の硬さに慣れなかったけど、今はこの硬さが心地よい

細かな使用感は、以下の記事に書きましたのでご覧ください。

私はエアリーマットレスだけだと、朝起きる時に背中が痛くなるので、ジョイントマットを敷いた上で使っています。

みーる

マットレスや布団の厚みが足りない人は、この方法でかなり寝心地が改善されるよ!

マットレスに向いてる人

とはいえ、マットレスが全員に向いているとは思いません。

私のように、

  • 物を減らしてシンプルに暮らしたい
  • 手入れを楽にしたい
  • 掃除もしやすいほうがいい

という方にとっては、全力でおすすめできますが、

  • ご年配
  • 掃除をあまりしない
  • ハウスダストのアレルギー体質

そんな方にはおすすめできません。
将来的に身体が衰えてくると、マットレスから起き上がるのは意外と大変そうです。

また、地面から高さ30cmの範囲は、一番ほこりが多い高さらしいので、人によって向き不向きがありそうです。

ベッドを手放して3か月経った感想

私は全く後悔ありません。
寧ろ、もっと早く導入してても良かったかな〜と思えるレベルです。

私はベッドよりも、マットレスに移行した恩恵のほうが大きかった。

  • 部屋の掃除がラク
  • ベッドフレームに付いてた収納分の断捨離ができた
  • どの場所でも同じ寝具で寝られる

ミニマリズムを取り入れている私にとっては、いい選択になったと思います。

ベッドを捨てるのは、なかなか腰が重いかとは思いますが、ご興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

それでは。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ミニマリストを目指すサラリーマン
好きなことは楽器と読書と無印良品。
毎週月曜は本の解説、その他の曜日はミニマリストを目指す過程を発信中。

コメント

コメントする

目次
閉じる