MENU
カテゴリー
アーカイブ

四角いフライパン「Sutto」レビュー|収納と使い勝手を両立させた、フライパンの新しいカタチ

  • URLをコピーしました!

こんにちは、みーるです。

突然ですが、みなさんは「フライパン」と聞いて、どんな形を想像しますか?

日本にフライパンが登場したのは、明治末期らしい

おそらくほとんどの方は、丸い形を想像するはず。

私もこれまで、なんの疑いもなく丸いフライパンを使ってきました。

みーる

いや、なんならフライパンの形なんて気にしたこともないよ

そんなフライパンですが、丸い形が故に困ることもあります。

それが収納するとき。

私は以前から、ティファールの取っ手が取れるフライパンを使っていました。
なので収納に関しては、多少我慢しているところもありましたが、正直重ねて収納するのは使い勝手が悪いんですよ。

そんなフライパンの「収納」に対する悩みを解決する商品に出会いました。

みーる

四角い…!

一見すると、鍋にも見えるこのデザイン。

こちらは、ドウシシャの四角いフライパン「Sutto(スット)」です。

見た目からインパクトがすごいです。
フライパンでこんなにオシャレさを感じたのは、ティファール以来。

今回はこのフライパンを1か月ほど使ってみて感じたことをレビューしていきます。

目次

四角いフライパン「Sutto」の外観・特徴

フライパンが自立する

まずはなんといっても、正方形の見た目。

この形のおかげで、フライパンが自立します。

デザインにムダがないから、直立する姿が美しい

今まで、フライパンを収納するときはスタンドに立てかけていましたが、ついにスタンドは必要なくなりました。

個人的に、この商品の最も画期的な発明といえるのは、「フライパンを自立させた」ことだと思います。

まさに「スッと」取り出しやすいフライパン

自立するので、賃貸の狭い収納でも、縦の空間を存分に活用できます。

また、ガラスふたもセットで付属してますが、このふたも自立します。

みーる

ふたが自立すると、料理するときはかなり便利だよね

サイズ展開は3種類

私が今回購入したのは、最も大きい20cmのタイプ。

他にも、一回り小さい18cmと、

最も小さい16cmで深さのあるタイプがあります。

またカラーも、ブラック以外に限定色でグレージュがあります。

みーる

グレージュの現物も見たけど、取っ手の材質が安っぽく感じたから、私はブラックを購入したよ

ラインナップはこちら
※公式サイトに飛びます

フライパンとしての性能

収納面が注目されがちな「Sutto」ですが、ガス・IH・ハロゲンヒーターなど、オール熱源に対応しています

フッ素コートも施されているので、フライパンへこびりつきも全くありません。

フライパンとしても申し分のない性能です。

使用上の注意点
  • 電子レンジ・オーブン・食洗機は使用不可
  • フッ素コートが傷むので空焚きはしない
  • 火力は「弱火」〜「中火」で使用する
    ※ガス火の場合、炎が底面より大きくならないように調整する

実際に使ってみた感想

調理方法で使いやすさが変わる

四角いフライパンを購入して1か月、さまざまな調理方法を試してみました。

その中で、最も使いやすいと感じたのは「焼く」「茹でる」「煮込む」。

汁物にも最適

例えば茹でるときも、フライパンに角があるので、具材をお皿に注ぎやすい。

私が購入した20cmのタイプは、約2リットル入るので、煮込み料理も作れます。
参考に、ポトフを作ってみました。

溢れそう・・・

四角いフライパンのポテンシャルを期待しすぎました。どう見ても具材を入れすぎです。
それでも溢れずに一品仕上げてくれました。ありがとう四角いフライパン。

さらに、湯煎のときはすごく便利。

湯煎用のレトルトパウチって、四角い形がほとんどじゃないですか。

沖縄にしか売ってないけど、これ美味しい

パウチを丸ごと沈められるので、バランスよく熱が通ります。

みーる

これ見たら、もはや湯煎用のフライパンと言っても過言ではない

ただしこの四角いデザイン、カタチが故に弱点もあります。

炒める度に野菜が外へ逃げる

そう、「炒め物」にはめっちゃ不向き。

ご覧ください、見るからにフライ返しがしづらそう。
この四角いフライパンひとつあれば充分!というわけにはいかなさそうです。


余談ですが、私が手に持ってる無印の調理スプーン。
なぜこんなに売れているのかようやくわかりました。

この四角いハンデを背負ったフライパンでも、めちゃくちゃ炒めやすくなるからだ(確信)

もし、炒める用途で四角いフライパンを購入検討している方がいたら、ぜひ無印のシリコーン調理スプーンもセットで購入することをおすすめしたい。

収納面は素晴らしい、けど惜しい

先述しましたが、この商品最大の特徴は、単体で「自立する」こと。
自立するので、賃貸の狭い収納スペースでも縦の空間を活用できます。

そして惜しいのはふた。

自立するふたの取っ手が大きいので、収納場所にちょっと困る。

みーる

意外と存在感がある

右側にティファールの鍋ふたを置いてみました。
こうやって比べると、かなり取っ手がスペースを占領していることがわかる。

そして立てるという性質上、フライパンと重ねて収納することができません。

ご覧の通り、こればかりは構造上仕方ないですね。

四角いフライパン「Sutto」レビュー|まとめ

ロゴが小洒落てる

今回はドウシシャの四角いフライパン「Sutto」を2週間使ってみた感想でした。

改めてレビューをまとめると以下の通り。

ここが良かった!
  • オール熱源対応
  • フライパンとふたが自立する
  • 四角いので、お皿に注ぎやすい
  • 見た目がオシャレ
ここは惜しい・・・
  • 炒めものには不向き
  • フライパンとセットで収納できない

一言でまとめると

「これひとつですべては賄えないけど、持っているとなんだか使いたくなる」

そんなフライパンでした。

オシャレな見た目は料理への気持ちを高めてくれるし、フライパンの使い分けで調理も一段と快適になります。

価格は、私が購入した最も大きい20cmタイプで約3,300円。
ふたもセットでパッケージされているので、比較的リーズナブルな商品です。

各家庭にひとつ、四角いフライパンはいかがでしょうか。

それでは。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「ラクしながら暮らしを快適に」をコンセプトに、家のレイアウトを整えながら生活に役立つアイテムを紹介しています。
無印良品とニトリとスリーコインズが好き。

コメント

コメントする

目次
閉じる