【Wayfarer】審査のやり方がよくわからない人に!ポケストップ審査の完全ガイド【初心者向け】

 

ポケストップ審査ってなに?
審査のやり方がよくわからない・・・

ポケモンGOでも、レベル40以上のトレーナーにポケストップの申請と審査が解禁されました。

しかし情報が少なく、いまいちやり方のわからない方も多いのではないでしょうか。

今回は審査のやり方について深堀りしていきます。

目次

ポケストップ審査とは?

まず前提として既存のポケストップやジムは、IngressやポケモンGOプレイヤーが申請したものです(スポンサーは除く)。

その申請を「Wayspot*としてふさわしいか」一般ユーザーが審査する仕組みです。

*Wayspotについて

NianticではポケモンGO以外にもゲームをリリースしており、ゲーム内のスポットは共通のデータを利用しています。
スポットはゲームによって呼び方が異なるため、Nianticでは総称してWayspotと呼んでいます。

以前は「OPR (Operation Portal Recon) 」というサービスで、Ingressの上級プレイヤーのみ開放されていた審査機能。

それが2019年10月から「Niantic Wayfarer」という名前に変わり、ポケモンGOトレーナーも審査が可能となりました。

審査を始める前に

みかん

これから審査を始めるまでについて紐解いていきます。

Wayfarerへログインし、審査テストを受けよう!

まずは審査のプラットフォームである、Niantic Wayfarerにアクセスしましょう。

Niantic Wayfarer (外部リンク)

ログイン方法はGoogleアカウントとFacebookアカウントの2種類があるので、ポケモンGOで利用しているものと同じアカウントでログインしましょう。

ログインができたら、審査をする前にテストがあります。

みかん

審査員になるには、まずこのテストに合格しなければなりません。

審査テストを始める画面
※不合格の場合、もう1度*だけテストを受けることができます

テストの内容は、本格的な審査をする前にWayspotの承認基準を理解しているか判断するものです。

とはいっても、手順に沿って行えば比較的簡単です。
承認基準をしっかり理解してから取り組みましょう!

Wayspotの承認基準 はこちら

*審査テストの注意点

審査テストに失敗すると、30日間ロックされてしまいます。
30日後に再度テストを受けることができますが、2回目も失敗してしまうと、現時点ではNiantic Wayfarerにアクセスできなくなるため丁寧に審査しましょう。

審査テストの内容は?

テストの出題形式は10問で選択問題です。
外国のWayspotを例にした問題がほとんどなので、写真をよく見ながら丁寧に評価しましょう。

ひとつ例題を置いておきます。

これはWayspotとしてふさわしい・・・?

Nianticサポートページにある実際の例ですが、こちらはWayspotとしてふさわしいのでしょうか?





正解は「ふさわしくない」です。

理由は「保育園、幼稚園、小中学校、高校の敷地内にあると思われる候補」に該当するから。

この例題の通り、審査テストで出題される問題は日本で見慣れないものも多いため、評価には気を付けましょう!

審査に合格したら・・・

テストに合格すると、以下の画面が出てきます。

テスト終了の画面
みかん

これで審査に参加することができます。ここまでお疲れさまでした!

審査の仕方について

みかん

ここから実際の審査を例に評価していきます。

審査画面の見方

Wayspot審査は☆5つの評価で構成されています。

実際の審査画面を例に解説していきます。

実際の審査画面

まずは申請されたWayspotが承認基準を満たしているか確認します。

ここでは、

・タイトルや説明は適切か
・写真はハッキリ確認できるか(暗すぎたりぼやけたりしていないか)

などを確認します。

重複の確認と右の3項目を評価します

次に既存のWayspotと重複していないか確認をして、右の3項目を評価していきます。

もし重複が確認できた場合は、「MARK AS DUPLICATE」をクリックして重複処理を行いましょう。

ストリートビューで位置の確認をします

最後に申請されたWayspotが実在するのか、ストリートビューや航空写真を使って確認します。

実際の場所と異なる位置にピンが刺さっている場合は、【新しい位置を提案する】をクリックして、正しい位置に修正しておきましょう。

今回例にあげた候補は、ストリートビューでWayspotの確認はできませんが、申請者が補足情報に周囲の位置関係などを記しているため、どの辺りにあるか判断しやすくなります。

星評価の基準について

星評価についても明確な基準があります

・異議がまったくない場合は、星 5 つの評価をしてください。
・判断に迷ったり、特に意見がない場合は、星 3 つの評価をしてください。
・明らかに対象外である場合は、星 1 つの評価をしてください。

出典元:Nianticサポート

上記の基準に沿って評価していきましょう。

また、「これは Wayspot にふさわしいですか ? 」という質問に星 1 の評価をした場合、

星1つと評価した理由は?

上記の理由から選択することができます。
他の質問に答える必要はなく、次の候補へ進めます。

審査をすると特典がある?

審査で100件の Agreements* を獲得すると、自分が行ったWayspot申請を1件アップグレードできます。

アップグレードすると、自分が申請した候補を優先的に審査させることができ、結果が早く出るようになります。

*Agreementsとは

自身が審査した候補が、最終的にWayspotとしてゲームに反映されるのか、最終結果が出た状態のこと。

なので積極的に審査をすると、自分のWayspot申請の結果を早くすることができます。

Niantic Wayfarerのプロフィール画面
Nianticサポートより

あとどのくらいでアップグレードを適用できるかについては、Niantic Wayfarerのプロフィールより確認ができます。

気を付けたいこと

プロフィール画面の下にあるバーは、自分の審査パフォーマンスを表示しています。

適当に審査をするとパフォーマンスが低下し、クールダウンが適用される場合があります。

クールダウンが適用されると、24時間後まで審査をすることができなくなるため、丁寧に評価を行いましょう。

最後に

今回は審査のプロセスについて深堀りしていきました。

本記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

みなさんも審査をしてポケモンGOの環境を良くしていきましょう!

それでは。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

しがないサラリーマンブロガー
雑記で自分の経験や知識をざっくばらんに書いてます
最近は主に、音楽・ガジェット・ブログに関してなど

目次
閉じる